飛行機には持ち込めない「信玄餅」・航空機爆破テロ未遂事件が原因

最近読んだ記事で「国際線に持ち込めない信玄餅」という物がありました。その原因は「航空機爆破テロ未遂事件」でした。

何故、液体が持ち込めなくなったのか?

何故、「液体」と言われるものが、航空機内に持ち込めなくなったのでしょうか?

その理由は、2006年8月10日に発覚した、「イギリスの航空機爆破テロ未遂事件」だとされています。

犯人グループが狙ったのは、イギリスからアメリカ・カナダに向かう航空機で、最大10機を爆破するという前代未聞の計画だったが、イギリス警察が24人を逮捕し、テロは未然に阻止された。
このテロリストたちはドリンクを装った液体爆発物を手荷物として機内に持ち込み、自爆するつもりだったという。

この時の犯人は、当時国際テロ組織として勢力を伸ばしていたアルカーイダが関与していたそうです。

国際テロ組織アルカーイダに関与しているとみられる24人を逮捕。24人のうち、22人がパキスタンイギリス人と判明。

アメリカン航空ユナイテッド航空エア・カナダの便がテロの対象となっていた。この影響で、液体物質の持ち込みが規制され、化粧品などを含む一切の液状、ゲル状の物質の飛行機への持込が禁止された

この事件から、安全のために持ち込めなくなりました。

実に12年前の事です。今年、中学生になる子が生まれた時期にあたります。

航空機内への持ち込めない液体

今では、当たり前の様になっていますが、昔は液体でも自由に機内に持ち込むことが出来ました。ですが、2007年3月から、機内への液体物の持ち込みが制限されるようになりました。

これは、先に書いた「イギリスの航空機爆破テロ未遂事件」が原因ですが、今回の「信玄餅」は持ち込めないのは何故でしょうか?

「信玄餅」は皆さんもご存知の通り、武田信玄公のゆかりの地「山梨」のお土産の一つだが、これは確かにていますプルプルした触感のものです。

このプルプル感は、白子玉と水で作られた物から来ています。例えると、くずもちに近いかも知れませんね。

余計な話になるが、トリビアを一つ。当地の盆時期に仏前へ静岡で安倍川もちを供える習慣から発想から山梨にも取り入れたもので、黒蜜独特な舌触りと餅から作られています。

この、液体ではない「信玄餅」が持ち込めないのでしょうか?

意外な理由で持ち込めない「信玄餅」

いや、これは盲点でした。しかし、これもアリなんでしょうか?と不思議になってしまいました。

「信玄餅」には、同封されている「黒蜜」ありますが、これが「液体」なのです。「え~」と思いましたが、確かに液体です。完全に盲点でした。

そこで、気になるのは、どんな物が液体扱いになるのでしょうか?

当然ながら、ジュース類は禁止です。思いっきり液体ですからね。ですが、検査ゲートを通過後にある売店での購入した物はOKです。

変ったところでは調味料などですね。しかし、持ち込む方法がない訳ではありません。

国際線の機内にお持込いただける液体物には、容量制限が設けられています。

  • 容器1つにつき100ミリリットル以下
  • 複数容器の場合1リットル以下のジッパー付透明ビニール袋に入れる
  • 1人1袋(縦横40cm)に限る

なお、制限を超えるものは、十分に梱包し、お預けになるお手荷物に入れて、チェックインカウンターで係員にお申し出ください。

海外各国においても同様の規制が設けられており、特にお乗り継ぎの際は注意が必要です。

変った物で持ち込めない物は

意外な物ですが、こんなものが持ち込めません。

塩辛、塩漬け、しば漬け、ぬか漬け、小魚・貝・ 小エビ・海苔・昆布・肉の煮詰めた物、甘露煮、キ ムチ、らっきょう、スタッフドオリーブ、酢漬け梅 干し、福神漬け、豆腐、こんにゃく、生湯葉、ところてん、生麩、 生春雨などです。

何故?かと、思いませんか?

理由は意外な所ですが、簡単です。例えば、塩辛ですが、それ単体で見たら固形物ですが、瓶詰にされている時点で液体ぶつに入っています。この、液体がが見込めない理由になります。

他の物も同じ理由で、その物をこけいう固形物だとしても、液体の中に保存されているので、NGになってしまうのです。

不思議な物ですね。

参考にしたサイトの一つです。http://www.mlit.go.jp/common/001105372.pdf

機内に持ち込めない危険物など

物などの機内への持込みは航空法違反であり50万円以下の罰金の対象となります。

  • 刃物類、強打することなどにより凶器となりうる物
  • 先端が著しく尖っている物
  • そのほか凶器となりうる物なお、米国など海外からの出発時に、それらの物品が保安検査場にて発見された場合、その国の法律に則り、罰金を課されることがあります。

さいごのまとめとして・・・。

意外と持ち込めない物があるのでした。

何故か、不思議なものがありますが、奇妙なものもありましたが、もし航空機に乗る機会があるのなら、持ち込めるものがどんな物があるのか調べてから、用意をした方がいいですね。

知らずに、行ったら乗れませんでしたでは、眼も当てられません。

私も、今回の「信玄餅」から」驚いたものでした。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする