ネットに続く誹謗中傷が心に傷をつけ、生活を狂わせる・ネット記事削除の法整備急務

ネットに書き込まれる記事は正しいの?

皆さんが、今読んでいる記事は正しい情報ですか?

誹謗中傷になっていませんか?また、匿名なら「いいや」と好き勝手に、相手の事を考えずに書き込みをしていませんか?

「ネット」という、自分の主張を不特定多数に配信し、協調を得る事も出来ますが、不特定多数を、不快にすることも出来ます。

スポンサーリンク


インターネット上の情報は全てを消せない

一度、ネット上に拡散された情報は、完全に消去することは、とても難しいというのが事実です。

2年前の夏、福岡県久留米市の窃盗未遂事件で容疑者として逮捕された男性から、特命取材班に訴えが届いた。「インターネット上で逮捕記事が拡散し、誹謗(ひぼう)中傷を受けている」。男性は不起訴となり、罪に問われなかった。職場の処分もなく、そもそも事件の関与を否定し続けている。情報を完全に消し去ることの難しいネット社会で、「忘れられる権利」はどこまで認められるべきなのか-。

 出典・西日本新聞

この様な、記事がありました。

この記事は、ネットに拡散された情報が全て消される事が出来ず、2年たった今でも検索をすると出て来ることに掛けて、「忘れられる権利」としています。

この記事の続きを簡単にまとめると、次のようになります。

事の発端になる事件は、2016年8月に起きました。

福岡県に有る民家に侵入して、水着を盗もうとした所、気が付いた家族にとがめられた犯人は、その場を立ち去った。その事件から16日後に犯人を逮捕した。

逮捕された、犯人は「近くにいたのは間違いない。ただ、車を止め、スマートフォンのゲーム『ポケモンGO』をしていただけ。車外に出ておらず、民家のことは知らない」と。警察の取り調べにも一貫して否認した。

この事件は、学校の教諭という事もあり、TVを含め一斉に報道をした。当然、ネット上にも掲載された。

しかし、不起訴処分になり、職場での処分はなかった。

という物です。

検察と警察は

逮捕、釈放を経て約1カ月半。久留米区検察庁は「起訴するに足る証拠がなかった」としてNさんを不起訴処分とした。勤務先の学校は配置転換となったものの、県教育委員会の処分はなかった。久留米署は「令状を取り、手続きに沿って逮捕した。捜査に一点の曇りもない」としている。

記事の削除要請でも消せなかった・・・

Nさんは、不起訴になって以降、各社に連絡し記事の削除を求めたが、管理者不明のまとめサイトにも広がり、全てを消せませんでした。

 特命取材班もネット検索してみた。確かに複数のサイトやツイッターで記事が閲覧できる状態で、「久留米市で水着泥棒」「教師のわいせつ行為後絶たず」などと記されている。長沢さんが掲示板の運営者宛てに書いた削除依頼の文面まで、なぜか拡散していた。

ネット上に拡散してしまうと、大元の記事を載せた所に削除依頼をしてしても、拡散してしまった記事までは削除出来ません。個別に、削除依頼をして行くしかないのですが、管理者が不明の場合は、削除が出来ない事もあるという事です。

ネット上の名誉棄損やプライバシーの侵害

総務省が相談業務を委託する「違法・有害情報相談センター」(東京)には17年度、ネット上の名誉毀損(きそん)やプライバシー侵害に関し、10年度の4倍を超える5598件の相談が寄せられた。Nさんのように削除を求める人は多い。

 近年は望まない個人情報を抹消する「忘れられる権利」が提唱されている欧州連合(EU)は今年5月、加盟国間の法律に当たる「一般データ保護規則」を施行した。必要に応じ、ネット上の個人情報や閲覧履歴の消去を、EU内やその取引先の企業・団体に義務付ける内容だ。

残念ながら、日本では有害情報の発信者の情報開示などを求める法律はありますが、削除をするための法律の整備は進んではいないのが実状です。

記事を書く、貴方の情報は正しいですか?

貴方が書く記事の情報は、どこから仕入れたもので、正しい物でしょうか?

TVやネット記事の転載ではないでしょうか?

もし、書くのでしたら、最後まで責任をもって書くべきだと思っています。無罪なら無罪と、訂正を加えなければいけません。しかし、無罪になったとしても、逮捕時には大きなニュースになったとしても、無罪のニュースは小さい扱いなので、気が付かない事の方が多いと思います。

そもそも、逮捕イコール犯人ではない。冤罪(えんざい)の救済活動に携わる立命館大の稲葉光行教授(情報学)は「刑事司法の原則について市民の理解が進めば、不起訴の人への中傷は減るのではないか。否認事件の報道のあり方について、マスコミも慎重に考える必要がある」と話す。

SNSで調査報道の依頼を受付中!

西日本新聞「あなたの特命取材班」は、暮らしの疑問から地域の困り事、行政や企業の不正告発まで、SNSで寄せられた読者の情報提供や要望に応え、調査報道で課題解決を目指します。ツイッターやフェイスブックの文中に「#あなたの特命取材班 」を入れて発信してください。

さいごのまとめとして・・・。

色々書きましたが、私も、事件記事を書いています。

出来るだけ、その都度、追記をしていますが、元々の情報は歩いて探して、裏付けをした訳でもありません。

同じような間違いはあるかも知れません。

ですが、誹謗中傷になるような書き方だけはしない様にしています。

出来るだけ中立に、書きたいと思っています。

今回の事件や記事は、ネットに書き込みをする人に対しての、警鐘だと思います。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする