健康に良い「麹」、歴史は古墳時代から始まる「国菌」

流行の「麹」

麹には多くの酵素が含まれています。

この、酵素には食物の栄養を分解して消化・吸収を助ける役割や、吸収された栄養分をエネルギーに変える働きがあります。

  • 栄養素の分解
  • 消化のサポート
  • 乳酸菌を元気に
  • ビタミンの生成

などです。身近な所では、お肉を柔らかくするという事で使われている方も多いかと思います。

しかも、「麹」は、国菌にも指定されています。

スポンサーリンク


麹の中に含まれる酵素は30種類以上

麹に含まれる酵素には、アミラーゼ、プロテアーゼ、リパーゼ、ペクチナーゼなどその数は30種類以上とも言われておりまさに麹は酵素の宝庫です。

女性にとって嬉しい成分であるビタミン類を生成する働きがあることや、消化のサポートをする働きがあることから、美容健康面でも注目されています

栄養素の分解

栄養素を消化・吸収しやすく分解します。
旨味を感じるアミノ酸を生み出したり、食物を軟らかくする力があります。

消化のサポート

麹のアミラーゼがデンプンをブドウ糖に、プロテアーゼがタンパク質をアミノ酸に分解します。
酵素の力により、ある程度分解された状態で摂取できるため、体内での消化・吸収がしやすくなります。

乳酸菌を元気に

麹の酵素によって生み出される「オリゴ糖」や「食物繊維※」は、乳酸菌に代表される“善玉菌”の大好物です。これらをエサにして善玉菌が繁殖します。
※食物繊維は、麹そのものにも含まれる成分。

ビタミンの生成

菌は自身の代謝の過程でビタミンB1、B2、B6、ナイアシン、ビオチン、パントテン酸、イノシトールなど、肌の代謝にかかわるビタミン類を生成します。

実は「麹」はカビです!

「カビ!」というと、腐っていると思います。それが普通の反応ですよね。

でも、カビも色んな色が有るので、食べ物に生えたカビを見るとフワフワしてキレイにみえる事もありますが、体には有害です。に、

チョット詳しく書くと、麹菌はアスペルギルスというカビに、属しています。このアスペルギルス属のカビはアフラトキシンのような強力なカビ毒を出します。

しかし、麹菌はこの「毒」を作るDNAが欠如している為に、「カビ毒」を作り出すことがありません。

日本の「国菌」に認定されている麹

麹の歴史はとても古く、紀元前から存在していたと言われています。

化学調味料や合成保存料などが無かった時代に、有用な麹菌をを見つけ出し固辞を旨味のモトや天然の保存料として、みそや醤油・漬物・日本酒・焼酎など日本独自の発酵食品の中に取り入れてきました。

その事を踏まえて、日本醸造学会は「日本人が古来大切に育み、使ってきた貴重な財産」として、2006年に麹菌を日本の国菌として認定しました。

又、麹を用いた発酵食品が有るのは、東アジア・東南アジアの中でも日本だけであり日本固有の物でもあります。

             出典:「江戸と東京 風俗野史」(伊藤晴雨著)

麹の歴史は古い

麹の歴史は古く、清酒の原型は720年に完成された「日本書紀」に記載されてることから、当時すでに麹はあり、現際の様な清酒が生まれたのは江戸時代の頃ですので、酒造用の麹も、今の様なものに完成していたと考えられています。

また、別に編纂された記録では「薩摩国風土記」という物があります。これは、8世紀前期に編纂されています。

これには「神様に捧げられた強飯が濡れてカビが生えたので、これで酒を造った」と記載されています。しかし、実際は更に古い物と考えられています。

どちらも、平城京が遷都された時代です。また、奈良の大仏様で有名な東大寺もこの頃に作られています。

麹が、古墳時代からあった理由は?

麹が古墳時代から存在した根拠としては次のようなものがあります。

甘酒の期限は古墳時代に遡り「日本書記」に甘酒の起源とされる「天甜酒(あまのたむさけ)」に関する記述があります。

これは「日本書紀」の387年(応神天皇19年)項目の中に奈良県吉野地方の土着民が応神天皇に酒を献上したという事です。

神代の時代に木花咲耶姫が作った天甜酒(あまのたむさけ)を応神天皇(第15代天皇)に献上された」という事です。

応神天皇は記録上、200年から310年にかけて生存していたとされる古代ヤマト王権の天皇)

この醴は甘酒のルーツとも言われているお酒で、後の時代には米、麹、酒を用いて一夜で作った物であることが記載されています。

古墳時代というと、文化的な生活をしていたのか?と思いますが、時代的には、前方後円墳や埴輪が出土している時代です。

しかし、この時代の終わりごろには、皆さんもご存知の聖徳太子が存在し、仏教などが伝来した時代です。また、ヤマト王朝があったとも言われています。

文化水準は、決して低くはありません。

麹は意外と古くから飲まれていた

先ほど、江戸時代には清酒が作られていたと書いていますが、飲まれていたのはこの、古墳時代からの様です。

この頃は、清酒としてでなく、甘酒として飲まれていたようです。

夏場に冷やして飲んでいたという記述もあります。栄養価が高いという事が知られていたのでしょうか、夏場の栄養補給に一役買っていたようです。

当初は、朝廷の中で飲まれていたらしいのですが、次第に市民ににも広がっていいたようです。

さいごのまとめとして・・・。

麹は健康に良いとされて、流行っています。実際に、栄養かもよく善玉菌にもよく働き替えますので、整腸剤の様な働きをしてくれますので、腸内環境を良くしてくれます。

腸内環境を良くしてくれると、何がいいのか?お通じも良くなるばかりではなく、お肌にもハリを作ってくれます。

意外とスキンケアをするのには、外からのアプローチが大事だと思っていますが、腸内環境が悪いと、お肌に出来物や肌荒れの原因にもなるのです。

これは、今回のテーマではないので、ここまでにしますが、「麹」は実は、古くからあり、「国菌」にも認定されるほど、凄い物だったんですね。

チョット見方が変るかも知れません。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする