本当にできるのか?「人工月」未来の新しい形。

SFで出て来る人工の星「人工月」が出来る?

未来小説「SF」や、「SF」漫画にも出て来る「人工の星」が、2020年までに試作機が打ち上げられると発表がありました。

仮想世界での実現が一歩前進します。

今回打ち上げられる予定の星は「人工月」です。

スポンサーリンク



今回の打ち上げ計画は「中国」

今回、発表の有ったのは「中国」です。

【10月19日 AFP】中国が2020年までに、照明用の人工衛星、いわば「人工の月」を打ち上げ、街灯の代わりに都市部を照らし、電気代を削減する計画であることが分かった。国営メディアが19日、報じた。

国営英字紙チャイナ・デーリー(China Daily)によると、南西部四川(Sichuan)省成都(Chengdu)市が開発中の「照明衛星」は本物の月と共に輝き、ただその光は本物よりも8倍明るいという。

「人工月」の目的は、街灯の代わりに町を照らすという物。

この仕組みは、自家発電をして光を造りだすのではなく、「太陽光」を反射させるという物です。

この、試運転が成功すると・・・。

今回の試運転が成功すると、2022までには追加で3機打ち上げられる予定です。

プロジェクトの担当責任者によると、この世界初の人工月は2020年までに同省の西昌衛星発射センター(Xichang Satellite Launching Center)から打ち上げられる計画で、この第1号の試験運用が成功すれば、2022年に追加で3機を打ち上げる予定だという。

この「人工月」の性能は凄い!

もし、この試運転が成功し、活躍した時の性能はかなりの物です。

この人工月は太陽光を反射し、街灯の代わりに都市部を照らす。これにより50平方キロの範囲がカバーされれば、成都市の電気代を年間12億元(約200億円)節約できる見通しだという。

同責任者は、災害で停電が発生した際にも、この衛星からの光が被災地の救助活動に役立つとしている。(c)AFP

もし、成功したとしたときには、年間の電気代が200億円も節約できてしまうという物。

国家予算で200億もの節約が出来たとしたら、かなりの優れものです。これが、成功すると、他国の宇宙開発に大きな影響を与えるのは間違いのない事です。

さいごのまとめとして・・・。

今回のこの計画は成功するのでしょうか?

今現在の中国の進歩は目を見張るものがあります。が、宇宙開発については今一つ、遅れていると言わざるを得ません。

しかし、成功したとしたら、画期的なシステムです。

これが世界各国で、始めたとしたらかなりの節電効果が期待できます。現在の原子力発電所(実際の稼働率はとても低く、稼働しなくても日本全国の電力は賄えるという報告もあります)などの稼働は必要なくなります。

ただ疑問があるのですが、「災害で停電が発生した際にも、この衛星からの光が被災地の救助活動に役立つ」という事ですが、天候の悪い時、雲が厚い時にどれだけの効果があるのでしょうか?

又、中国では、MP2.5という物や黄砂で空気の汚染もあります。問題は、「人工月」の成功だけではない様です。

しかし、画期的な計画であることには間違いがありません。

この先、夜空を見上げると、星の代わりに月が沢山見える様になるのでしょうか?天文マニアには、残念な夜空になりそうです。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする