南米アタカマ砂漠の微小な細菌や微生物は、火星と同様の生命体⁉

地球に火星と同様の生命体!?

アタカマ砂漠は、チリとペルーの一部に広がる地球上で最も乾燥した非極地砂漠だが、米科学アカデミー紀要(PNAS)に掲載された論文によると、ここには火星に最もよく似た環境が存在していると考えられると言います。

【2018年2月28日 AFP】雨が10年に1度降るか降らないかの南米アタカマ砂漠(Atacama Desert)の微小な細菌や微生物は、火星に同様の生命体が存在する可能性を示唆する存在なのかもしれない。研究論文が26日、発表された。

スポンサーリンク


独ベルリン工科大学が調査

研究を率いた独ベルリン工科大学(TU Berlin)の惑星科学者のディルク・シュルツェマクッフ(Dirk Schulze-Makuch)教授と研究チームは2015年、アタカマ砂漠にどのような種類の生命体が存在し得るか調べる目的で現地調査を実施した。

予想外の雨で生物活動が活発

調査の最中に予想外の雨が降った。土壌中の生物活動が急増したことに気づいた研究チームは、すぐに殺菌消毒したスプーンを用いてサンプルをすくい集めた。

その後、ゲノム解析によって固有種とみられる微小生命体を数種同定できた。微小生命体は大半が細菌で何年もの間休眠状態となるが、雨が降るとすぐに蘇生・繁殖することにより、過酷な環境でも生き延びられるよう適応していた。

過去には瀕死の生命体が発見されていた

「過去の研究では、アタカマ砂漠の表面近くで瀕死(ひんし)の状態にある生命体やDNAの断片が見つかっていたが、土壌中に生息する持続的な形態の生命体を同定したのは今回の研究が本当に初めてだ」とシュルツェマクッフ教授は指摘する。

過酷な環境でも休眠状態で過ごすことが出来、数百年は生きられると言います。

「これらの微生物群は、火星のような惑星にあると考えられる環境に酷似した条件下で数百年あるいは数千年もの間休眠状態で過ごし、雨が降ると目覚めて活動することができると考えられる」

2016年と2017年に追跡調査のためにアタカマ砂漠を再訪した研究チームは、土壌中の同じ微生物群が徐々に休眠状態に戻りつつあることを確認した。

この微生物群は死滅しているわけではなく、主に深層に生息する単細胞生物群は「何百万年もの間、活動的な群落を形成し、過酷な条件を切り抜けるように進化した」と説明されています。

今回の研究では・・

今現在の研究では、過去、数十億年前の火星には海や湖があったことが言われています。

その初期の火星では、「生命体がそこで繁栄していた可能性もあると」研究者らは主張しています。

 今回の研究についてシュルツェマクッフ教授は、火星の微生物研究への道を目指す科学者らの一助となる可能性があると話す。火星の微生物は、時代を経るにつれて寒冷化・乾燥化した火星の気候に対応して、アタカマ砂漠の微生物と酷似した進化を遂げたと考えることができる。

「火星の土壌中には凍結した水があることが知られており、また最近の研究では夜間の降雪などの表面付近の湿度上昇につながる現象が起きていることが強く示唆されている」と同教授。「火星上でかつて生命が進化したとすると、その生命体は現在の厳しい超乾燥状態の表面下にある地下の微小生息環境を見つけた可能性があることも考えられる」 (c)AFP

さいごのまとめとして・・・。

今回の研究は、地球上の過酷な環境下での微生物の研究から、同様に過酷な環境下である火星にも、水があれば同様に休眠状態である生命が生きていることを示唆しています。

実際の火星との環境下とは大きく違うのは、酸素が常態化で存在する地球と、常態化で存在しない火星という星の違いでしょうか?

ですが、この研究の意義はとても多きでしょう。

過酷な環境下でも生き続ける生命体が存在するという事は、それぞれの過酷な環境下での進化した生物の存在を示唆しています。

「地球外生命体」夢のある話が、現実になるのはそう遠くは無いでしょうか?

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする