万引き常習は、クレプトマニア「窃盗癖」?

クレプトマニアとは?

その、クレプトマニアとは、簡単に言うと「窃盗癖」の事です。

食うに食えず、どうしようもなくて盗みとかとするのとは違い、ただ、単純にスリルを求めた

り、盗むことで一種の快感を覚えたり、ストレス発散などから行う事です。

クレプトマニアとは、ギリシャ語でクレプト(盗み)、マニア(心の異常)を言います。

クレプトマニアの多くは・・・

クレプトマニアは、女性に多く、他の心の病気の合併(うつ病、過食症など)が多く見られま

す。その頻度は、万引きの全体の5%以下と言われています。

クレプトマニアは治る?

クレプトマニアは稀な病気なのですが、治療は可能です。

治療方法としては、行動療法や、投薬療法があります。

行動療法は、盗もうと思うと、痛みや吐き気・苦痛を感じるように訓練をし、いざお店に入っ

た時に盗みたいという衝動が起きた時に、この不快感を呼び覚まされることで盗みの衝動を抑

える働きをさせるという物です。

投薬療法とは、盗みの衝動を抑える目的でSSRIという投薬をします。

SSRIとは選択的セトロニン再取り込み阻害薬と言って抗うつ剤の一つです。その他にも様々な

不安障害に使われる薬です。

クレプトマニアは少数

先ほども書きましたが、クレプトマニアはそうは多くはありません。

数%です。その他の人は、軽い気持ちで万引きをしている人が多数です。

でも、この万引きは、はっきりと言いますが犯罪です。

罪名で言うと「窃盗罪」です。

もっと厳密にいうと、万引き目的でお店に入っているので「建造物侵入罪」という罪名が付い

てきます。

万引きは泥棒!

たかが万引きと思うかもしれませんが、万引きは泥棒です。「窃盗罪」です。

では、窃盗罪とはどの様なものでしょうか?

「刑法235条 10年以下の懲役または50万円以下の罰金に処される」と、されています。

この窃盗犯は、犯罪認知件数から見ると、全刑法犯の50%以上を占めています。

捕まったらどうなるの?

捕まったらどうなるの?

刑務所に入るの?

と、色々思う事と思います。もちろん、万引きは犯罪ですから、刑罰があります。

軽い気持ちで万引きをする人も、したこともある人もいるとは思いますが、正直な話、初めて

捕まったとしたならば、罰金刑で済むことが多いです。

いきなり刑務所という事は、ほぼ無いです。ですが、前科となります。

何回か捕まると、刑務所に服役しなければなりません。

100円のお菓子で、1年2年と刑務所に入ることになるんですよ?

割に合いませんよね?

万引きで前科持ち!

前科がつくと、どうなるんでしょう?

まず、就職先に制限が出来てしまいます。就職できない職業などもあります。

まず、弁護士・弁理士・教員など、公務員も一部では資格を剥奪されてしまいます。

又、公的資格の中にも欠格事項として、禁固刑以上の人が資格を有していても、一定期間使え

ないものがあります。また、金融関係などは身元調査が厳密に行われているために、不利にっ

てしまう事があります。

家族には影響しないの?

子供の就職、家族の就職に影響が出ることが稀にあります。

先ほども書きましたが、金融関係などの身元調査が厳しい所などは、それが理由で就職出来な

いことがあります。警察関係なども不利になる可能性もあります。

ですが、不利になるかもしれないというだけで、必ずしもという事ではありません。

履歴書はどうしよう?

前科がある人は、就職に空白の時期が出来てしまいます。

ここで言う前科とは、起訴されて有罪になった人のことです。

厳密にいうと、この「前科」というのは、罰金刑も含まれます。

普通、逮捕されて裁判を行い有罪を言い渡された人だと思いますが、スピード違反や器物損壊

などで、罰金を支払った人なども「前科」となります。

さて、履歴書にはこの「前科」を書かなくてはいけないのでしょうか?

そうとは限りません。

わざわざ自分の前科や前歴をかく必要はありません。

この前科や前歴は最も人に知られたくない個人情報・高度なプライバシー情報ですので、積極

的に書く必要はありません。

履歴書に書かないとどうなるの?

企業によっては、前科・前歴を確認される事があります。その時に嘘を言ってしまうと詐称に

なってしまうこともあります。

実際に逮捕されて刑務所に入った人などは、仕事をしていない時期が出来てしまいます。

それが短ければ、就職活動中としてもいいでしょうが、長くなるとそうもいかなくなります。

そのような人の多くは、詐称しているようです。

詐称することで何か困るのか?

詐称自体、正しい事ではありません。ですが、多くの企業では前科・前歴を調べることはあり

ません。ですが、就職した後に、何かしらの原因で発覚した際に解雇の理由になってしまうこ

とになる事もあります。

経歴詐称という事になります。

ですが、初めに正直に話して不採用になるリスクを背負うのか、経歴詐称による解雇のリスク

を取るか、考える必要があります。

先にも書きましたが、一般の企業が前科・前歴を調べることはありませんので、わざわざ言う

必要はないとはありません。

クレプトマニアは?

実際に存在しますが、ほんの数%です。

又、認知されているのは、もっと少ないのです。

もし、あなたが万引きをする事でスリルを求めたり、一種の快感を覚えたりする様でしたら、

一人で抱え込まずに一度、精神科に行くことをお勧めします。

前科が付き、刑務所に入るよりも、ずっといいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする