HIV(エイズ)は治る病気!

貴方は、HIV・エイズのこと知っていますか?

一度罹ったら死ぬ病気だと思っていませんか?

内閣府の世論調査で、HIV・エイズについて誤解している人が多いと発表がありました。

この調査は今年の1月、全国の18歳以上の男女3000人を対象に、個別面接方式で行い、

1671人が回答したものです。

スポンサーリンク


HIV・エイズは死に至る病気?

HIV・エイズは死に至る病気と誤解している人が52.1%と過半数に至るというデータがで

ました。少し前までは、治療法がないと言われたHIV・エイズですが、いまだに誤解している

人がいる様です。

原因不明で治療法がないと思っている人が、33.6%とおり、全体として85.7%の人

が、誤解をしていて、死ぬ病気だと思っているようです。

世論調査のデータとしては、人口1億2千万人に対して3000人というのは不完全だとは、

思いますが、多くの人がHIV・エイズについて良く分からないという事が読み取れます。

HIV・エイズで死なないの?

現在HIVを体内から完全に排除は出来ません。

ですが、HIV・エイズの治療薬の開発で症状の進行を抑制して、「長期間、健常者と変わらな

い生活を送る」事が出来ます。

この「長期間、健常者と変わらない生活を送る」ですが、平均余命は非感染者とほぼ同水準ま

で延長出来るとされている研究結果がアメリカとカナダで出ています。

さてここでHIV・エイズについて正しましょう

正確には、HIV・エイズは同じではありません。

「えっ?」って思っていませんか?

正確には、

HIV=ヒト免疫不全ウイルス(エイズウイルス)

エイズ(AIDS)=後天性免疫不全症候群

の事です。HIVは、ウイルスの名前で、エイズは、このHIVに感染することによって発症する

病気の事です。

HIV・エイズに感染するとどうなるの?

HIV感染すると、感染初期では体内のTリンパ球などに感染して、急激に増殖します。その為、

約2週間位で発症し、感染時はインフルエンザのような症状(39度くらいの発熱)がでます。

ですが、感染者の免疫対応によっては短期間で収まります。

その後、無症状期間に入ります。いわゆる潜伏期間です。

この潜伏期間は、数年から十数年続く人もいますが、中には短期間の内に発症することもあり

ます。

発症すると、健常時の時には血中1μl中に700~1500個あるリンパ球が、200個未満になる

と、免疫不全症になり、普段罹りにくい病気にもなりやすく、エイズになります。

普段の生活で感染するの?

実は、HIVは感染力がとても弱いウイルスです。

空気や水に触れれば感染力を失います。

その為、日常生活で感染することはありません。

汗や涙・唾液・尿・便などによる感染はありません。

ハグなどしても、くしゃみなどで感染はしません。

お風呂や、コップの回し飲み、同じ蚊に刺されても感染しません。

ついでに言うと、感染者の血液が肌に付いた位では感染しません。

ですが、傷口や口などに入った時には危ないです。

どうやって感染するの?

HIVは、感染者の血液、精液、膣分泌、母乳、唾液に存在します。

これらは、直接、粘膜部分に接触することで感染します。

主に粘膜部分というと、口の中、ペニス、尿道、膣、直腸などに接触することで感染します。

簡単に言うとSEXですね。

その他、通常はないでしょうが、覚醒剤などの回し打ち、医療現場での医療事故などの可能性

があります。

また、母子感染、母乳からの感染などもあります。

妊娠したら子供にも感染するの?

いいえ、大丈夫です。

妊娠したら、産婦人科で受ける「妊娠検診」で、HIV検査を受けることが出来ます。

もし、母親が感染していた場合、妊娠中から医師の治療を受けることにより、赤ちゃんに感染

しないように対策をとることが出来ます。

感染しているのかどこで検査するの?

保健所などでは、無料・匿名で検査を受けることが出来ます。

各自治体で特設の検査場が開設されていたりします。

まずは、電話で問い合わせてみてもいいでしょう。

他には、産婦人科、泌尿器科、性病科などの病院・クリニックやエイズ治療拠

点病院などでHIV検査が受けることが出来るところがあります。

医療機関では3000円~7000円くらいで検査が出来ます。

対面検査が抵抗のある人は、郵送検査という方法があります。

STDチェッカーと言いますが、匿名で受けられます。検査結果はインターネット上で確認でき

ます。もちろん、匿名ですしプライバシー重視の検査です。

まとめ

HIV・エイズの検査は重要です。

パートナーのためにも検査をするのも大事です。

また、HIV・エイズは決して死ぬ病気ではありません

今のところ、確実に治るわけでは、ありませんが治療をしていくことで、健常者と同じ寿命を

生きることが出来ます。一人で悩まず、まずは検査をしてください。

又、通常の生活では感染しません。このことは、とても重要です。

周りの人の理解が必要です。

正しい知識を知ってほしいと思います。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする