断捨離で人間関係を潤滑に!

人間関係を大切に

生きて行く上で人間関係は、必ず必要なものですよね?

生活するうえで、買い物する時も、働く時も人と接しなければなりません。

ですから、人間関係は大切なものです。

ですが、それを断捨離するというのは、何故でしょうか?

断捨離とは

まず「断捨離」という言葉ですが「断捨利」とも書くことがあります。

どちらも、同じ意味ですからどちらを使っても間違いではありません。

意味は、

「断」=これから入ってくる不要な物絶つ

「捨」=今持っている必要なものを捨てる

「離」=物を執着することから離れる

ということです。

これを人に当て嵌めるとしたら

「断」=新たに出会う不要な人間関係を断つ

「捨」=今の貴方にとって不必要な人間関係を断つ

「離」=コミュニティから離れる(不要なグループから離れる)

ですね。

人間関係を断つ

最初に人間関係は大切だと書きました。

ですから、矛盾するようなことになりますが、人間関係を断つ事が、断捨離に繋がります。

かといって、「全ての人間関係を捨てろ」という事ではありません。

本当に必要な人間関係か、そうでないか見分ける必要があります。

それでも付き合わなければならない人はいる

友人関係でしたら、距離を負うことも可能でしょう。

ですが、距離を置くことが出来ない人が存在することは、否めません。

例えば、会社の上司や取引先の人などですね。他にあるかも知れません。

今住んでいる所、管理会社や大家さんとかも入るかも知れません。

そういう時はどうすればいいでしょうか?

少し考えてみて下さい。

どうしても接しなければならない人とはどうすればいい?

簡単な話、「深く付き合わない」ですね。

簡単に書いていますが、これが中々難しいのは確かです。

表面的には付き合うが、心の中・精神的な部分では切り離してしまう事です。

挨拶位で済むような関係で済ますことです。会社の上司や取引先などは必要なこと以外は話さ

ない。必要最低限の会話で済ましてしまうのです。

例えるならば、「玄関越しで話をするけれど、家の中には入れないぞ」というようなものです

ね。顔で笑って、心は閉じてしまうという感じでしょうか?

人は、人間関係を断ち切れない

人間関係を断ち切るのは、とても難しいのは確かです。

それは、人は無意識化で相手に嫌われたくないと思ってしまうからです。

ですが、その人は本当に生きて行く上で必要な人ですか?

それでも、誰も彼もが必要な人達ではないのです。

人間関係を断捨離していく方法は

まずは、連絡先を消してみましょうか?

今の時代携帯・スマホは、必衰アイテムです。

でもその中で、必要な人達は何人いますか?

数年連絡していない人などありませんか?

SNSなどのソーシャルの中だけの知人はいませんか?

そういった人たちから消していくのがいいでしょう?

数年連絡していないのでしたら、今後も連絡をすることはないのではないでしょうか?

連絡を取っていないという事は、今後も連絡を取ることはないでしょう。

また、相手側が連絡先を変えている可能性もあります。つまり、連絡先を残しておく必要はな

いわけです。

SNSの人達は、多くいるかも知れません。ですが、本当に必要ですか?

中には、愚痴を言いあったり、顔を見ないから、悩みを相談できるという人もいるでしょう。

ですが、必ずしも全ての人がそうでしょうか?

本当に必要なのは、数人ではないでしょうか。そういった人から、連絡を取るのをやめるのも

いいのではないですか?

人間関係を断捨離することで何を得するのか

嫌な人とは関係を持たない事で、ストレスが減ります。

また、本当に必要な人との関係が潤滑に行くことになります。

断捨離をすることで本当に必要な人が、誰かが分かると思います。

自分にとって大切な人との繋がりが、本当の意味で必要だと思います。

人間は一人では生きていけません。ですが、必要ではない人との付き合いは大事でしょうか?

本当に必要な人、大事な人を見つけることが、人間関係の断捨離ではないでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする