物を片付けられない人

最近増えているゴミ屋敷

最近は、メディアなどで取り上げられる事の多い、アイドルや芸人などの汚部屋や庭まで山積

みになるゴミ屋敷が増えています。

この人達は、どんな生活をして汚部屋やゴミ屋敷になってしまったのでしょう。

何故ゴミ屋敷になるのでしょうか?

簡単に言うと「捨てられない」からです。

中には、使えるもしれないと思い、拾ってきてしまう人も居ますし、物に対して執着する気持

ちの強い人も居ます。

ゴミ屋敷になる人の多くは、物を溜め込んでしまい結果として捨てられなくなります。

又、汚部屋になる人には、物を片付けられない人が多くいます。

片付けられない内に、物が増えてしまい結果として汚部屋になってしまうという事情があります。

誰が見てもゴミなのに、なんであるの?

不思議なことに、誰が見ても、本人が見てもゴミなのに部屋の中に山積みになっています。

それなのに捨てずに、残っています。

残っているばかりか、山積みになっていたり、カップ麺の残りが山になっていたり、缶や

ジュースの飲み残しが有ったりしています。

初めは、奇麗にしていたのでしょうが、忙しかったり疲れていたりして、その内にやろうと

思いつつ買い物に行き、その後は開封せずに、そのまま置きっぱなしにしてしまい、結果とし

て部屋が散らかり始めてしまうという事になります。

物が多くて散らかっている位ならば、まだ、いい方でしょう。

問題は、そこからです。

部屋の中が散らかっているから、ゴミもそのままにしてしまい、置き始めてしまいます。

一度、置き始めてしまうと不思議とゴミを置くことに抵抗がなくなり、ゴミが増えていき汚部

屋・ゴミ屋敷になってしまいます。

そのゴミが増えてきたら、当然のようにゴミの上に寝床を作り、着る物も臭わない物を選び、

汚れると、洗濯をしませんから新しく服を買い、当然のように物とゴミが増えていきます。

そして、部屋や家の中に置けなくなるとバルコニーや庭に置くようになってきてしまい、汚部

屋・ゴミ屋敷となります。

汚部屋・ゴミ屋敷はどんな人が住んでいるの?

皆さんは、興味がありませんか?

汚部屋・ゴミ屋敷にはどんな人が住んでいるのか?どんな人がなるのか?不思議になりません

か?

直ぐに思うのは、年配の男性という風に思う人が多いかも知れません。

ですが、実際は不思議なことに、奇麗でお洒落な女性だったり、若い人、年配の女性など男性

ばかりでなく、女性にも多くいます。

もちろん、男性にもいます。

その多くの人に共通するのは、やはりに、片付けられない人・物に執着している人です。

片付けが出来なくて物をそのまま置いてしまう、まだ使えるから残して置く、もしかしたら使

うかもしれないから残して置くという人ですね。

その物に思い出や、思入れがあるのであれば、残して置いてもいいでしょう。

ですが、一年通して一度も使わなかった物は、要らない物です。

そういう物は、捨ててもいいとは思いますが、こういう人達は中々出来ません。

物を片付けられない人

一説には、精神的疾患・・・トラウマやうつ・セルフネグレクトなどと言われています。

また、ADHDとも言われています。

これらに共通して言えるのは、無気力・無関心・自暴自棄な生活をしているという事ですね。

無気力だから片付けられない、無関心だから気にしない、自暴自棄だからどうでもいい、とい

う事だそうです。

周りに無関心だから、片付けないというのは分かるような気がします。

心理学では、部屋の状態が住人の心を反映していると言われるそうです。

これは、人の精神が病んでいる時に部屋が散らかる事が多いから、という事だそうです。

全ての人の心が病んでいるとは、限らないと思います。

ですが、心が疲れているときは、片付けも何も出来ない・したくないと思うのが人です。

子供のころに片付けは、親がやってくれていたから、やり方が分からないという人も居るで

しょう。

最後に・・・

随分前から、「断捨離(断捨利)」と言われています。

「要らないもの・使わない物は、捨てよう」と言う物ですが、ただ捨てるのではなく余計な物

は買わないというのも断捨離(断捨利)です。

しかし、この断捨離(断捨利)は意外と無づかしい物です。

自分では出来ず、業者に頼んでいる人も居ます。

無理に断捨離(断捨利)をせずとも、ゴミだけでも捨てれば、大分部屋は良くなります。

片付け下手でも、物が多くても、ゴミがある・ないでは部屋の感じは大分よくなる筈です。

少なくても、ゴミだけは捨てましょう!

ゴミの分別が細かくなった為に、面倒くさいという事で捨てられないという人も居るとは思い

ますが、まずはそこから始めてみましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする