東京都の電力発電所

電力発電所の種類

皆さんは、真っ先に思いつくのは、原子力発電ではないでしょうか?

福島での発電所事故(3月11日に7年目の津波被害の黙禱がありました)が、印象に強く

残っているとは思います。

ですが、他にも発電手段はあります。

皆さんは、どんな物を思いつきますか?

身近な所では、太陽光発電(ソーラーパネル)でしょうか。

その他にも、火力発電(バイオマス)、水力発電、地熱発電、風力発電、揚水発電などがあり

ます。

東京都には発電所はあるの?

流石に東京都には、原子力発電はありませんが・・・。

実は、かなりの発電所が存在します。

その数は、88か所もあります。

そんなにあるの?と思いませんか?

私も、びっくりです。

正直なところ、そんなに発電所があるとは思いませんでした。

全てが東京電力ではない

東京電力株式会社の他にもたくさんの電力会社はあります。

それでも、電力発電量は、東京電力株式会社が一番です。

東京電力株式会社の持つ東京都内の電力設備のそのほぼが、火力発電です。

その他にも八丈島地熱発電所・御蔵島水力発電所が一か所づつあります。

東京電力株式会社の他に多い電力会社では、東京二十三区清掃一部事務組合ですね。

清掃と付いているように、清掃工場の排熱を利用した電力発電です。

その他では、区や市で経営している電力会社もありますし、水道局などでも持っています。

変った所では、東京工業大学の環境エネルギーイノベーション棟という太陽光発電所もあ

ります。

発電量は0.65MW(650KW)です。

環境エネルギーイノベーション棟とは?

最先端の環境エネルギー技術の研究が行われる施設です。

この施設は、地球温暖化の原因となる二酸化炭素排出量を約60%以上削減し、しかも棟内で

消費する電力をほぼ自給自足できるシステムをもつビルとして設計された建物です。

約4570枚の太陽電池パネルが設置されています。

難しい話はやめて、家計に掛かる電気費用は?

皆さんが気になるのは電料金でしょう。

例えとしては、600Wの電子レンジを30分間、使った時の電気費用は・・・。

この、電子レンジの費用は、まず、電気の契約料金で計算します。

電気の契約はKWで、契約していますからWをKWに直して計算します。

1000Wで、1KWですから、600Wは0.6KWになります。

仮に電気契約料を25円として計算しますと

0.6KW(消費電力) × 0.5H(時間) × 25円 = 7.5円(電気)

600Wの電子レンジを30分使うと、7.5円の電気代が掛かる事になります。

実際の電力は?

正直な話、原子力発電所が有名ですが、日本全体でみると、火力発電、水力発電が多いです。

ですが、原子力発電はそのリスクは大きいものの、発電効率は一番です。

その為、各電力会社は、原子力発電所を支持しています。

でも、実際の活動している原子力発電所は、54基ありますが2018年3月の時点でわずか

4基です。

原子力発電所は?

54基の中でわずか4基という数字で、本当に原子力発電所は必要なんでしょうか?

原子力発電所がなくとも、日本の電力量は賄えています。

むしろ、現在の稼働していない原子力発電所の維持費用が高く付いていそうですね。

原子力発電所は、発電効率はいいのですがその稼働率、廃炉にしたときの核燃料の処分、稼働

中の使用済み核燃料の処分に困っているのは事実です。

今の現状を考えると、メリットよりのデメリットの方が大きいように思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする