リボ払いは、損をする!

スポンサーリンク





リボ払いを知っていますか?

皆さんは、リボ払いの事を知っていますよね?

詳しいことは知らないけれど、名称位は聞いたことが有るはずです。

もしかしたら、若い人の方が知っているのかもしれませんね?

昔は、カードローンとか消費者ローンとか言っていましたけど。

何か、私の年齢が年食っているように聞こえてしまいそうです・・・。

クレジットカードは持っていますか?

今どきの人は、一枚くらいはクレジットカードは持っていると思います。

中には、「持っていません」という人も居るでしょうし、クレジットカードを持ちたいけれ

ど、「作れないんです」という人も居るでしょう。

ですが、スマホや携帯などに、広告メールや、CMなどで「リボ払い」の事を聞いたことがあ

ると思います。

リボ払いとは・・・

まずは、「リボ払い」について簡単に説明しましょう。

無茶苦茶簡単に説明すると、毎月の支払いを一定額にすると言う物です。

・・・省略しすぎましたね・・・。

例えば、10万円の買い物をしたいけれど、今の収入では一括で買えない、という時にクレ

ジットカードで購入し、何回払いと指定しますよね?

それを、仮に4回払いにすると、2万5千円+手数料が掛かります。

さらに、欲しいものがあるからと、10万円の買い物をして、4回払いにするとした時、前回

の分と足して、毎月の支払いが、5万円+手数料になります。

そうなると、「今の収入では払いきれない」という事になってしまいます。

その時に、活躍するのが、この「リボ払い」です。

リボ払いにすると、毎月の払いを一定額にすることが出来ます。

例えば、毎月の支払いの5万円+手数料を、2万円にする事が出来ます。

そうすると、今の収入でも支払えます。

いや、むしろもっと大きな買い物が出来ます。

このリボ払いは怖い!

このリボ払いの何が怖いのでしょうか?

便利なように聞こえますよね?

このリボ払いをうまく使えば、高価な物を購入することが出来ますよね?

でも、これはとても怖いのです。

「なんで?」と、思った貴方、よく考えてください。

ローンにしても、分割払いにしても手数料が掛かります。

当然、「リボ払い」にも手数料・利息が掛かります。

この手数料が、怖いのです。

リボ払いは、一見するとお得に思いますが、これは貸した人がお得になるシステムなんです。

ハッキリ言って、このシステムを考えた人は、相当エグイですね。

リボ払いの怖さは街金なみですからね。

リボ払いは損をする!

・・・気が付いていない人います?

多分、多くの人が気が付いていない様な気がします。

確かに便利ですから、そこにだけに目を向けてしまいますよね。

では何故損をするのでしょうか?

例えば、80万円の買い物をしました。

今の収入では、一括で払えません。

かといって、分割で支払うと大変だから、毎月の支払額を一定にしたいという時に、このリボ

払いで毎月一定額で返済することにします。

毎月、支払う金額が決まっている方が、収入と支払いの計算が楽ですからね?

でも、よーく考えてみて下さい!

毎月、2万円づつ支払うとしたら、その手数料は・・・・いわゆる利息は・・・・

80万円の買い物で、毎月の支払を2万円にしたときに、支払う総額は・・・・・・

・・・・123万円になります。

しかも、支払期間は、5年3か月になります。

単純に43万円の手数料・利息を支払っている計算になります。

しかも、その間に買い物をしないとは限りませんから、もっと増える可能性があります。

この43万円は、妥当なんでしょうか?

この金額が妥当かどうかですが、貴方はどう考えますか?

実は、この金額は損をしています。

これを、カードローンにすると、なんと利息は約4万円位になるんです。

先ほどの43万円からすると、その差額約39万円になります!!!

リボ払いは便利ですね。でも、損をしますよ。

確かに、リボ払いは便利ですよね。

毎月の支払いが決まっているのは、毎月の計算がし易いですから扱いやすいですよね。

複数の買い物をしても、毎月の支払う金額が決まっているんですから、自分の収入でも支払い

が出来やすですからね。

でも、先ほどの説明を聞いて貰えると分かると思いますが、支払総額を考えると損をしてます

よね。

カードローンを組めるのでしたら、そちらの方が絶対にお得ですよ!!

使いすぎには、注意して下さい。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする