松山刑務所のとんでもない不祥事と福田和子の逃亡理由

松山刑務所と福田和子の繋がり・・・

松山刑務所と、あの松山ホステス殺害事件の福田和子は、1964~1966年の間に起こった、刑務所内で起こった不祥事に関わっていました。

この時期、福田和子は犯罪を犯し収監されていましたが、この不祥事では被害者でした。

スポンサーリンク


第1次松山抗争大量に逮捕された暴力団関係者が、刑務所の看守を買収した事件である。1人の看守が、入所前から顔見知りであった被告人に頼まれ、不正に手紙を投函し礼金を受け取ったことがきっかけで起こった。この行動により施設の職員は軽くあしらえる人ばかりだと判断した囚人たちは、刑務官を脅迫、暴行する事態となった。

組員らは所内の鍵を使用し拘置所内を自由に歩き回る事が可能となり、飲酒、喫煙、花札賭博、領置金の脅し取り、女性囚人の強姦を行い、さらに看守も組員の仲介で女性囚人と関係を持つなど、拘置所は無法地帯と化した。この事件では、出所後の1982年に松山ホステス殺害事件を起こすことになる福田和子も強盗罪で服役中に強姦被害者となっている。

しかも、福田和子はこの後に移管された高山刑務所でも同様の被害にあっているそうです。

ここまでの、内容を見て貰えれば分かるように、犯罪者と監視するべき立場の刑務官が、女性受刑者を強姦するという事件を起こしています。

この事件の結末は・・・・

この問題は、解決していませんでした。

それこそ、もっと酷い事に事件自体なかった事になっていました

この問題は第52回国会法務委員会にも取り上げられたが1966年6月7日に副看守長二人が自殺し、強姦事件被害者からの告訴もなかったため、事件の解明されることはありませんでした。

しかし、後に福田和子の著書から、法務省が被害者に対して告訴を取り下げる署名を強要している事が判明しました。

しかし、公訴時効成立により、事件の存在自体がなかった事になってしまいました。

福田和子の逃亡は・・・

「福田和子」というと、ご存知の方も多いと思いますが「1982年に松山ホステス殺害事件」を起しています。

1982年8月19日に愛媛県松山市のマンションでホステス(当時31歳)が元同僚のホステスであった福田和子に殺害され、福田和子とその夫がマンションから家財道具を運び去って逃亡。家財一式が奪われたうえに、遺体が松山市内の山中に遺棄された強盗殺人及び死体遺棄事件である。 もともとは被害者に会うために松山に向かったのではなく知人に会うためであったが不在であった。
この事件で注目されたのが、犯人の福田和子が整形手術を受けたうえで当時の殺人罪の公訴時効である15年(延長を経て、現在は無期限)直前まで逮捕されず逃亡したことであり、マスコミ報道を見た市民による通報で逮捕されると言う劇的な幕切れを迎えたことであった。

この事件で、時効前に逮捕され無期懲役を受けています。

しかし、15年近くを逃亡した理由は「過去に服役した際に強姦されている事実」があったからだそうです。

それならば、再度、犯罪を犯さなければ良かったのではないかと思います。

現在の福田和子は・・

「福田和子」に敬称をつけないのは、私なりに想っての事ですが、今は故人となっているからですが、服役中に亡くなっている為、受刑者でもあるが故人でもあるという事でつけていません。遺族には、申し訳ないと思います。

2005年2月に刑務所の向上作業中に、クモ膜下出血のため緊急入院をし、意識のないまま同年3月10日、入院先の和歌山市内の病院にて亡くなりました。(57歳没)

事件当時の家族は・・・

事件当時には、家族・夫と子供がいたそうです。ですが、今回の記事に書くためには、現在の事情は調べていません。

何故ならば、事件加害者である「福田和子」が故人となった上に、本人とは別の道を歩いているからです。過去の事件を掘り出し、故人の家族の事を調べる必要はありません。

「福田和子」と同じ道を歩かない様に願います。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする