人間関係も断舎利!?

人間関係をリセットする。

人との付き合いで、煩わしく思う事を感じた事が、一度はあると思います。中にはしょっちゅう思う人もいるかも知れません。

そんな人にお勧めが、人間関係の断舎利です。言葉を聴くと響きが悪いかも知れませんが、ただ単純に、整理するだけです。

物を断舎利すると言うのは良く気く言葉ですが、これが中々難しいそうです。物を捨てられない人や、物を溜め込む人は余計に大変らしいです。使わないものでも、いつかは使うかもしれない、勿体無い、買うのに高かったとかいろいろ理由はあるそうですが・・・。今回は、物ではなく「人」です。

何故人間関係の断捨離をするの?

何故、人間関係のリセット・断舎利をするのかですが、長年生きていくと色んな人と知り合います。その中で、人間関係も増えていくので、どこかで整理していかないと人生が重たくなってしまう、と心理療法師さんの言葉もあります。人生というよりも、心が重くなるんでしょうね。

多分、自分の時間を削り、自分の時間が持てなくなってきてしまい、自由がなくなるんでしょうか?精神的に辛くなるんでしょうね。そんな中で、人間関係をリセットしてしまいましょう!というのが、この人間関係の断舎利です。

イヤイヤ待ってください!

「簡単には出来ません。」という人も多く要る筈です。当然ですよね。私も、書きながら思います。ですが、断舎利の出来ない理由は何でしょうか?

例えばLINEのグループなどから、外れると仲間はずれにされる、嫌われるとか、裏で何を言われるか分らないなどではないでしょうか?

そんな人のグループにいても、困った時に助けては貰え無いとは思いませんか?

実は、私はLINEは3人しか登録していません。身内と友人2人です。寂しいーと思われるかも知れませんが、実際に必要な人だけで十分です。その他の人は、普通に電話しますし、メールをします。LINEは、直ぐに既読しないとケチが付くこともありますし、既読しても返信が遅いと何かを言われます。勿論、全員がそうではありませんが、今忙しくて返信できない時ってありますよね?その辺を和歌って貰える人だけにしました。

初めは、LINEの人数を制限するのは大変でした。今までのグループから抜けるのですからね。でも、私の場合は機種変のときに、すっぱり切りました。中には一年間で1回も連絡していない人のアドレスがありますが、必要ありますか?数年、連絡していない人はアドレスに残して置く理由がありませんから、断舎利です。

整理をするときはどうすればいいの?

簡単に断舎利といっても、物とは違い人間関係ですから、もの凄く大変だと思います。実際何を基準にするのか?ですが、仕事関係は無理に近いかも知れません。ですが、気の進まない飲み会などは、行く必要もありません。「行かないと悪口を言われるかも知れないから行く」というのは正直意味がありません。悪口を言う人は、飲み会に関わらず、何処にいても本人がいない所で言っていますから、同じことです。

逆にそんな飲み会に行けば、同じ穴の狢と思われ自分も悪口を言う人間だと思われてしまいます。

では何を基準にするのかですが、その相手が「会うと元気になれる」「くつろげ癒される」「勇気づけられる」人なのか、それとも「気が滅入る」「自信がなくなる」「素の自分を出せない」人なのかを考えると良いといわれています。

確かにお互いが自分の思うままに話せるのが一番ですし、お互いを気遣えるのが本当に必要な人でしょう。逆に、相手に合わせなければいけないというのは、ストレスの原因です。その辺を踏まえて断舎利をしてみいいかも知れません。

私、友達がいません・・・。

そんな人も、多い時代ですね。私の周りにもいます。ですが、友達と、知人の線引きは何処にあるんでしょうか?多分、自分の心の中ではないでしょうか?友人と呼ぶには中が良くない、相手を信用しきれない、自分を分って貰えていないかも知れない、といったことがそうだと思います。意外と、相手は友人と思っていてくれたりしますよ。

少なくとも、話していて安心できる人はいると思いますから、そんな人を残し、疲れる人は少しずつ離れていくといいと思います。

相手の電話が長くて・・

良く掛かってくる電話で、長くて煩わしいと思うときは、先に「今日は、忙しくて余り話せない」「直ぐに出かけないといけない」などと言って置く事で、電話を切りやすくなります。

別に電話だけでなく、会っている時にも使えますけどね。突っ込まれたら、笑って野暮用だよと言えばいいんです。

まとめ

簡単にまとめると、心の断舎利ですね。ストレス社会の中での心の負担で大きい物の中の、人間関係を整理しましょうということです。嫌な人と無理して付き合うと心が、病気になってしまいます。「少し、心の荷物を軽くしましょう」というのがまとめです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする