山口達也とハワイ・キラウエア火山の噴火

TOKIO・山口達也

TOKIOの山口達也の、強制わいせつで書類送検された事件は、世間を騒がせたのはまだ記憶に新しい事件です。

簡単な内容は、平成30年2月12日に、未成年少女に無理やりキスをし4月20日に書類送検をされたという物です。

一部、週刊誌などでは、キスだけではなくそれ以上の物があったのではないかともいわれています。

「山口が被害女性に近づき、キスをしようとしたのです。彼女は嫌がって顔を背けるんだけど、その際、山口の唇が彼女の頬に触れた。それをきっかけに山口は顔面を舐めまわし、さらに腕や腰、胸に触り、ソファに押し倒そうとしました。その間、“やらせろ”とか卑猥な言葉を投げ続けエスカレートしていたから、強姦寸前でした(捜査関係者)

被害者は逃げ出し、母親に連絡。2人で麻布署に赴いて被害を報告し、舐められた顔面から山口の唾液が採取された。

書類送検されたのは4月20日のこと。この際に付された「厳重処分」という意見書こそが、“キスだけ”ではない山口の振る舞いを裏付ける材料になる。

「これは、“起訴されて当然だ”と警察が判断しているという意味です。したがって、少なくとも“キスをする”“顔を舐める”という、これまで報じられている内容以上に悪質な行為があったと判断していたことになります」(元東京地検検事で弁護士の郷原信郎氏)

これが、本当ならば、今回の書類送検だけで済んだのは弁済と被害届が取下げられたことが理由でしょう。

スポンサーリンク


キラウエア火山の噴火

今月、5月3日にアメリカ・ハワイ州ハワイ島でキラウエアKilauea火山が噴火し、住民に対して避難指示が発令された。この噴火で、付近の住宅地に亀裂が生じ溶岩が噴出したといいます。

噴火は3日午後4時45分(日本時間4日午前11時45分)ごろ始まった。USGSによると、午前10時30分、キラウエア火山のプウ・オオ(Puu Oo)火口の南でマグニチュード(M)5.0の地震があり、その揺れで落石が起き、新たな火口が開いた可能性があるという。

キラウエア火山は、ハワイ島東南部地区にある


赤い矢印のところですね。

この火山の影響で、今後の被害が大きくなると観光業界では懸念されています。というのも、アメリカ本土の住人もハワイ島とオアフ島の区別ができてない人が多いそうです。

その為に、キラウエア火山の噴火によって「(被害がほとんど出ていないワイキキなどを含む)ハワイ全土が危ない」と認識している人も多いそうです。
「ハワイは観光業で成り立つ島。観光客の減少は大きなダメージ」と風評被害による観光客の減少について心配になります。

山口達也とハワイ島・キラウエア火山の関係

この2つに何の関係があるのでしょうか?

山口達也は、サーフィン好きでも有名ですが、実は、2016年8月に離婚した元妻と息子2人が現在住んでいる場所なんです。

「一部で前妻家族とは疎遠になっているという報道もありましたが、とんでもない。いまも山口さんは息子2人を何よりも大切にしています。今年の正月には山口さんがハワイを訪れ、久しぶりに一家団欒したばかり。今回の事件でも前妻と子供は山口さんを心配して帰国しようとしたそうですが、帰ってくればマスコミに狙われるため、遠慮してもらったそうです」(スポーツ紙記者)

その為、今回の事件ばかりではなく、山口達也はハワイ島・キラウエア火山の噴火を危惧しているようです。


まとめ

今回の騒動を起こした、山口達也とハワイ島・キラウエア火山の繋がりは意外でした。

ですが、どちらも被害者がいるのも同じ接点ですね。

山口達也の被害者もマスコミによる追及が無い事と、ハワイの元妻と息子2人にも、マスコミの追及が無い事を祈ります。

(マスコミによる心理的負担や、これ以上の追及による生活に支障がない事を祈ります。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする