栃木県・私立足利大学附属高校の校舎脇に女子生徒・飛び降り自殺か・養護教員に相談

昨日、校舎脇に二人の女子高生が・・

H30年5月11日午後9時前、栃木県足利市にある足利大学附属高校の敷地内で、3年生の女子生徒2人が倒れているのを、部活動で残っていた生徒が見つけました。

病院に運ばれましたが、死亡が確認されました。

                            出典・NHK NEWS WEB より

                                  引用・wikipediaより


養護教員に進路や家庭内の悩みを相談いていた

飛び降りをした女子高生二人は、同じクラスの高校3年生で、悩みを相談していたようです。

死亡した女子高生2人は同じクラスで、2人は家庭内や進路のことなどで教員に悩みを相談していたということです。また、学校内でイジメを受けていた様子などは確認されていませんでした。

2人が発見された付近の7階建校舎の7階には、窓の近くに女子高生らのものとみられる靴が置かれており、窓が開いていた模様。

これらのことなどから警察は、家庭内や進路の悩みが原因で飛び降り自殺を図った可能性があるとみて調べています。なお、遺書のようなものは今のところ見つかっていないということです。

                          引用・ニュース速報JAPAN

養護教員にそれぞれが相談していたという事ですが、家庭内の事・進路の事だそうで、いじめに関する相談ではなっかたようです。

今後の捜査は

警察の発表では、今後生徒たちに話を聞くなどをしていくそうです。

また、この事件では若い命が失われました。

自殺は、昔からありましたが、若い命が失われたことは、惜しむべきことです。

TwitterやFacebookなどでも、書き込みが色々ありますが、憶測での誹謗中傷が書き込まれているのは残念です。

余談ですが、この学校の著名な卒業生としては、この方々がいます。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする