ダフ屋行為禁止法案提出へ ネットでの不正転売に刑事罰

チケットの高額問題

音楽コンサートやスポーツイベントのチケットが販売価格より高額で転売されている問題が、国会で取り上げられています。

いわゆる「ダフ屋」行為ですが、超党派のチケット高額転売問題対策議連が28日、インターネット上も含めたダフ屋行為の禁止する法案をまとめました。

チケットの高額転売に対しては、多くの都道府県が迷惑防止条例で駅やチケット売り場など「公共の場」でのダフ屋行為を禁じているが、ネット上は対象外だった。この法案では、映画や演劇、音楽、芸能やスポーツなどの興行の入場券について、商売として、興行主の同意を得ずに定価を超える価格で転売する行為を「不正転売」と定義。懲役1年以下か罰金100万円以下の罰則もつけた。個人が都合で行けなくなったチケットを他人に売ることは不正に当たらない。

オリンピック・パラリンピックを目標

来春にもチケット販売が始まる2020年東京五輪パラリンピックを念頭に、今国会での成立を目指すとしています。

音楽業界4団体と国会議員らで作る「ライブ・エンタテインメント議員連盟」会長の石破茂は「音楽やスポーツ、文化を広く大勢に楽しんでいただけるよう、今国会で超党派で力を合わせて法整備をしたい」と話した。

又、音楽ライブの主催者らによるコンサートプロモーターズ協会の中西健夫会長は「高額転売はアーティストの気持ちを踏みにじり、利ざやをもうけようとするもの。音楽だけでなくラグビーW杯や東京五輪も続くので、今国会がギリギリ間に合うタイミングだ」と訴えた。

有名アーチストも会合に参加

議連の会合では今春、ミュージシャンの宇崎竜童さんや夏木マリさん、May J.さんらが出席し、オークションサイトなどを規制する議員立法の必要性を訴えていました。

この他にも、藤井フミヤさんやきゃりーぱみゅぱみゅさん他7人もビデオでコメントを寄せていました。

他には、カンニング竹山さんゴスペラーズ村上てつやさんが、コメントを寄せています。

コメントの内容は・・・

コメントの中でミュージシャンの宇崎竜童さんは、「今はコンサートで収益を上げられなければ、新しい作品を制作し発表することが困難。高額転売はアーティストたちのクリエーティブ・サイクルを壊すほど深刻化している」

続いて夏木さんは「チケットの価格を決めることも私の仕事。思いもかけない高額で世の中に出るのはフェアじゃない」。

May J.さんは自身のライブチケットが高額で転売され、最前列に空席があった経験を語り、「アーティストやスタッフが長い時間をかけて作ったライブを利用して、全く関係ない人が利益を上げているのはおかしい」と訴えた。

としており、いかに「ダフ屋行為」に対しての問題を取り上げています。

また、今の音楽業界の問題として、次の様なコメントもありました。

Zeebraさんは「音楽業界はCDの売り上げが激減して、ライブで生計を立てている状況。チケットだけでなくグッズを買っていただいてやっとライブが回る。チケットが高すぎればグッズを買う余裕もなくなる。不正のない環境を作りたい」。

スポンサーリンク


まとめとして・・

今回の、ダフ屋行為に対する規制強化は、多くの人に音楽、スポーツを楽しんでほしいという物と、2020年のオリンピック・パラリンピックでの不正な、収益を上げる行為に規制を掛けるだけではなく、チケットが完売しているが、実際は空席が目立つという事が少なる事を目指しています。

不正な利益を得るための買い占めが無くなる事で、会場がにぎわう事は、アーチストや選手たちの張り合いに繋がりがり、相乗効果として素晴らしい結果が出るのではないでしょうか。

今国会での成立が望ましく思います。

2018年6月

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする