ろうあ者差別!聴覚障害を理由に宿泊を拒否した熱海市の自然の家

宿泊拒否をした、熱海市「姫の沢公園自然の家」

県聴覚障害者協会によりますと、2018年1月、全日本ろうあ連盟主催の研修に利用しようと「姫の沢自然の家」に100人分の宿泊を申し込みました。しかし、施設長は「災害時の対応が難しい」と断ったということです。協会が抗議すると約1か月後、自然の家を管理する熱海市から「施設長に注意した。理解不足で申し訳ない」と謝罪があったということです。

スポンサーリンク



今回の「姫の沢自然の家」の佐藤康弘施設長は「100人を受け入れた時、万が一の災害を周知できるか不安があり、ほかの施設を勧めた。説明不足で配慮が行き届かず申し訳ない」と話しています。

この「姫の沢公園自然の家」の設備にも問題が・・

実は、この「姫の沢公園自然の家」は、火災などの発生を視覚的に知らせる設備は在りませんでした。また、建設から38年が経ち、今年9月に閉鎖する予定だった建物でした。

こうした理由から、佐藤康弘施設長は、大勢の聴覚障害者の受け入れは困難だと判断し、聴覚障害者専用の施設に泊まってほしい」と断ったそうです。

あくまでも、差別的な物からではなく、姫の沢公園自然の家の老朽化や災害時の対応に不安や設備的な物からの断りの様です。

熱海市副市長が陳謝した

静岡県聴覚障害者協会は、1泊2日の研修会を企画した全日本ろうあ連盟青年部の依頼を受け、ことし1月、熱海市内で100人が宿泊できる施設を確保しようとし、熱海市が運営する「姫の沢公園自然の家」が「聴覚障害者専用の施設に泊まってほしい」などと断ったことから、協会は静岡県を通じて市に抗議しました。

それに対して、熱海市副市長から陳謝が有りました。

熱海市が陳謝した理由は、設備とは別のところにあった

熱海市が、陳謝にいたった理由は設備の問題だけではありませんでした。

施設長の佐藤康弘氏は、設備や災害時の不安から安全を考えての事の様でしたが、陳謝の理由は別のところにありました。

それは、障碍者差別法(平成28年4月1日から施行)に有ります。この中に、

一般の企業や店舗などでは、視覚障害、聴覚障害など、障害を理由に・・・・

チェック「不当な差別的取扱い」をしてはいけない

チェック必要かつ合理的な配慮」をするように努力しければならない
行政機関ではしなければならない

公益財団法人ケアフィット共育機構 参照

この、法案の中に行政機関では必要かつ合理的な配慮をしなければいけないとなっています。陳謝の理由は、法案の中に記載があるにも拘らず、配慮をする努力を怠ったという事です。

上にある写真の「施設長に注意した、理解不能で申し訳ない」という言葉に繋がります。

スポンサーリンク


障碍者差別解消法の成立

この、障碍者差別解消法は、下記の趣旨を目的として、厚生労働大臣の決定のもとに定められています。

障害を理由とする差別の解消の推進に関する基本的な事項や、国 の行政機関、地方公共団体等及び民間事業者における障害を理由とする差別を解 消するための措置などについて定めることによって、すべての国民が障害の有無 によって分け隔てられることなく、相互に人格と個性を尊重し合いながら共生す る社会の実現につなげることを目的としています。

障害者差別解消法 福祉事業者向けガイドラインより

障害者差別解消法について、厚生労働省のホームページには「厚生労働省における障害を理由と知る差別の解消の推進」という物がああり、そこには各事業所のガイドラインがあります

実は、障碍者の地位は悪列の物でした

1979(昭和54)年までは、ろう者は「準禁治産者(心神耗弱・浪費癖のため、家庭裁判所から禁治産者に準ずる旨の宣告を受けた者。法律の定める重要な財産上の行為についてのみ保佐人の同意を要した。)」と見なされ、住宅ローンの利用や家業を継ぐことも出来ませんでした。

生活をする上でかなりの制約が存在していました。これは、今でいう障害者手帳を持っているかいないかという事は関係なく適応されていました。

これらは、一般財団法人ろうあ連盟一般財団法人 全日本ろうあ連盟 青年部などの活動を通して変化をもたらしています。

世間一般では、障碍者と言うだけsで偏見の目で見る風潮があります。これは、簡単に言うと、自分たちの常識が通用しているのか、自分の意思が正確に 伝わっているのかが不安であるとともに、相手の言わんとすることにた、どのような対応をするべきか悩んでしまうからではないでしょうか?

しかしながら、健常者であっても常識の通用しない人は多くいます。そのことを踏まえて考えれと、障碍者遺体する視界を求めてほしいと思います。

例えば、手話などは面白いコミュニコム二ケーションの一つだと思います。英語と同じように、色んな人と話が出来るのです。分からなければ、筆談も可能です。これほどのコミュニケーションは無いと思います。

ぜひ、理解祖深めて貰いたいです。

まとめに

障害者だからと言って、敬遠するのではなく、外人と対応するるくらいの気持ちで話して欲しいです。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする