熱くなったスマホ!急に冷却したら壊れる?発熱した時の対策は?

今年の暑い夏でスマホも熱くなる!

使っているスマホが熱くなったという人も多い筈。

今年の夏は、非常に暑い為かスマホに限らず、周りにある物が熱を持っている事も多い時期。

特に、スマホやタブレットは、皆さんが外出先でよく使う物。日中、炎天下の中で使っているとその日射でも熱くなる。

それ以外でも、画像アプリやゲームアプリなど、CPUに負荷のかかる物などは熱がこもり易い。

そんな時にはどうしたらいいだろうか?

スポンサーリンク


キャリアが推奨している温度は?

Appleはサポートサイトで「iOS デバイスは環境温度(周囲の温度)が 0°~35℃ の場所でお使いください」と説明している。また、ドコモ「Xperia XZ Premium」の取扱説明書には「極端な高温、低温は避けてください。温度は5℃~40℃(ただし、36℃以上は風呂場などでの一時的な使用に限る)と記載されている。少なくとも温度が36度を超える場所では使わないようにしたい。

「推奨気温は5~35度としている」(KDDI)ので、これを目安としたい。炎天下の車内や直射日光が当たる場所など、高温となる場所にスマホを置かないことも大事だ。

と、いう事は、少なくとも人間の体温よりは高いのは駄目だという事になる。特に、車の中は駐車している車中は60℃70℃と高温になる為、置かない事、また、移動中でも直射日光のあたる所に置かない事。

他に、「布でくるむなどの熱のこもりやすい状態にしない」「汗をかいた手で触れる等により汗が付着した場合は、小まめに拭き取る」「非防水端末の場合、シャツのポケットなどの湿度の高い場所に入れない」(ドコモ)との指摘も。

発熱したらどしたらいい?

まず、低温やけど防止のため、高温となった端末には長時間触れないようにして、25度程度の涼しい場所に保管するのが望ましい。その上で、「使用していないアプリや機能は終了する」(ドコモ)あるいは「電源を切ってしばらくしてから再起動する」(KDDI、ソフトバンク)、そして「カメラ、ゲームアプリ、動画再生など温度が上昇しやすい機能の利用を控える」(ドコモ)といった対応がよい。

とされている。その他にも充電をやめるというのもある。電源をオフにするのは、バックグランドで起動しているアプリが発熱しているものがあった時に、そのアプリを一つ一つをオフにするよりは、電源をオフにすれば発熱の原因となっているアプリもオフになるので発熱を抑えるというのがいいという。

3社で共通している対応策が「充電はなるべく控える」こと。充電中に高温になったときは充電を中止し電源プラグを抜き、スマホの電源を切って、しばらく待って再起動するのがよい。

熱くなったスマホ、急いで冷ましたい!

スマホが熱くなったら、小型の保冷剤で冷やすのはOK? また、サードパーティーから販売されている、スマホ用の冷却シートはどうか。
 3社とも、保冷剤や冷却シートは自社で扱っているものではないため、動作保証をしておらず、推奨しないというスタンスだ。

保冷剤を使用した時も、下記の様に結露の可能性もある。

スマートフォンは、急激な温度変化が起こると結露が起き、内部に水滴が付着する。例えばスマホが熱くなったからといって、エアコンの風に当てる、冷蔵庫に入れるといった行為はNG。水で冷やすのも、防水スマホなら仕様上は問題ないが、急激な温度変化が起こるリスクはある。防水なら外部からの浸水は防げるが、結露までは防げないので注意したい。

その他にも、手帳型ケースは熱がこもり易いので、外側だけのケースにするというのも手だ。

スマートフォンを冷却できるグッズも

注意事項は分かったけど、それでもなるべく発熱を抑えながら長時間スマホを使いたい! という人は、スマートフォンを冷却できるグッズを使うのも手だ。ただし、これらの製品は、メーカーやキャリアが推奨するものではないので、あくまで自己責任での利用となる。

スマホ冷却ファン 3機能搭載冷却ファン S-RF●2基のファン搭載●搭載バッテリーでスマートフォン充電可能●スタンド機能で立ててみられる●持ちやすいグリップ仕様●ON/OFFスイッチ付きスマホの熱対用

価格:1,780円
(2018/7/31 03:30時点)
感想(0件)

【送料無料】 スマートフォンクーラー ≪サンワサプライ≫ TK-CLN23

価格:3,980円
(2018/7/31 03:37時点)
感想(1件)

上記の物は参考までに!

さいごに・・・。

スマホやタブレットも熱に弱いのは、人間と同じ。むしろ、精密な機械の分、人間よりも順応もしなければ、危険ですよーと言ってくれない。自分が使う端末なのだから、熱に気をつけたいものだ。

充電も充電が終わった後も続けていると、バッテリーの持ちが悪くなる上に、発熱をする。充電も、こまめに気を付けて、この夏を乗り切ってもらいたい。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする