日本の女性差別は、大学受験にまであるのか?女性の社会進出の阻む壁。医科大前でデモ

最初に、東京医科大学での受験生の点数操作について

各メディアが、報道していますが東京医科大学で女子学生の点数操作が行われていました。

東京医科大が2018年2月に実施した一般入試(医学部医学科)で、女子受験者の得点を一律で減らし、合格者の数を抑えていたことがわかったと報じられた(読売新聞、8月2日)。女子だけに不利な操作は、2011年ごろから続いていたとされ、文部科学省の私立大支援事業を巡る汚職事件の捜査過程で、東京地検特捜部もこうした操作を把握しているという。

この、不正点数操作が明るみになったのは、裏口入学などの他の問題で、東京地検特捜部などが捜査関係者が私立大学支援事業を巡回で、汚職事件を捜査していた時に、点数操作をしていたことが、明るみに出たようです。

スポンサーリンク


東京地検特捜部も、文部科学省の私大支援事業を巡る汚職事件の捜査の過程で、同大によるこうした操作を把握しており、同大は現在、内部操作で事実関係の確認を進めている。

同大医学科の今年の一般入試は、数学・理科・英語のマークシート方式(数学の一部を除く)で1次試験(計400点満点)を実施。2次に進んだ受験者が小論文(100点満点)と面接を受け、1次の得点と合算して合否が決まった。

女性の点数操作は、1次試験の点数を一律で下げており、その上で2次試験に進んでいました。

何故、こうした点数操作が行われたのか

簡単に言うと、「女性医師の離職率が高いから」という言葉が、聞こえてきました

上の画像は、TBSニュースからですが、時代錯誤的な発言が見られます。

ニュースの中で大学の幹部は「医師が一人前になるのは30歳前位。そのタイミングで、女性医師は、結婚や妊娠で休んでしまう。女性は、外科医になりたがらないし、へき地移動に行きたがらないという問題もある。その結果、国民が困ることになる」と、語っています。

この様な主張をしていますが、いい訳の様にも聞こえてきます。

その為に、女性受験者の点数操作をしていたという事です。この行為は、2011年ごろから始まっているようです。

そのころから、女性合格者の割合は3割位に抑えるという物があったそうです。

上の、グラフから見ても分かるように、明らかに男女比の操作が伺えます。

今年(2018年)の受験者数の男女比は、3対2ですが、合格者の割合は、5対1に抑えられています。合格者数の割合が、かなり偏っていることが見えて来ます。

受験者の実力が女性の方が、劣っているという訳でもありません。むしろ、国家試験の合格率は女性の方が高いという統計がでています。この事からも、医学部の男女の受験者の実力だけでこの差が出来てはいないと言えます。

 文科省学校基本調査によると2016年春の医学部医学科の志願者のうち、入学した割合は男子が6・85%に対し、女子は5・91%と1ポイント近く低い。他の学部では男女差がほとんどないか、女子の方が高くなっており、医学科だけが傾向が異なる。同じ理系学部を比べても、女子は農学系で1・74ポイント、歯学系で3・33ポイント高かった。

このことは、前々から疑問が持たれていました。今回の、この大学だけではなく他の大学の医学部全体に言える問題かもしれません。

海外での反応は

「結婚や出産で医師を辞める女性が多い」などとして、東京医科大学が女性の合格者数を意図的に減らしていたとみられる問題をめぐって、世界中のメディアが疑問の声を上げている。アメリカのロイター通信は「安倍総理は“女性が輝く社会”の実現に取り組んでいるが、女性は相変わらず、就職で苦戦を強いられ、出産後の仕事復帰でも壁に阻まれている。ネット上では、子どもを産まないと『生産性がない』と言われ、産めば『働くな』と言われ、どうしろというんだといった声が広がっている」としている。韓国のJTBCは「大学病院の運営のためには、男性がもっと必要だとの理屈だが、日本社会の時代錯誤的な女性観を表していると批判されている」と伝えた。     出典 テレ朝系(ANN)

このニュースの中では、フィンランドでは女性医師の割合は57%と高いとも報じています。

また、フランスでは、女子学生の割合は2000年の57.7%から、2016年の64.1%に上がったとあります。

海外では、女性医師でも働くための環境整備や工夫がなされているようです。

同大学前でデモ行動

今回の、東京医科大学での点数操作において、2018年8月3日の夕方に、同大学前で抗議運動がありました。

東京都新宿区の同大前で抗議行動をした。参加者たちは「女性差別を許さない」「大学入試を公正にやれ」と書かれた紙を手に、「説明しろ」「許さない」と声を上げた。

この、抗議運動は作家の北原みのりさん(47)らが、ツイッターなどで呼びかけた物です。

北原さんは「受験をしたことがある人であれば、どんな思いで勉強してきたか分かるはず。こんな差別は許してはならない」と訴えた。

スポンサーリンク


女性の社会進出の阻む壁とは

今回の事は、世界でも大きく報道をされてきました。安倍総理“女性が輝く社会”の実現に取り組んでいるが、実際には進んではいないとの声が上がっています。

アメリカのロイター通信では、インタビューの中に「女性と男性との間の給与格差が大きい」とも言われています。これは、元々の日本独自の考え方が、根本から変わっていないとも言えそうです。

昔は、結婚すると女性は家庭に入る為に男性側に養うだけの給料を与えなければ、という考えがありました。

しかし、今は女性の社会進出が大きくなっています。実際、上場企業の取締役の3割以上を女性が占めています。また、女性起業家も多く増えています。

この、女性の社会進出を阻む壁は何でしょう

それは、環境です。

子供を抱えたままでの社会での仕事が出来る環境が整っていないのが実状です。

今は、育休を取る事を優先に働きかけていますが、このこと自体はいい事でしょう。ですが、問題は、継続できないという事です。生まれた時だけ育休を取っても、成長過程ではほんのわずかの時間です。

社会に出て働こうと思った時に、子供の世話をすることが出来なくなるために、働けなくなります。

今回の、医大問題も女性医師の離職率だけに目を向けている為に、起こった事と言えそうです。

多くの病院の中には、子供を預かる保育システムを導入している所もあります。他業種にもあります。こういった、取り組みがなされていないという事が浮き彫りになったのではないでしょうか?

安倍総理は“女性が輝く社会”の実現に取り組んでいるが、女性は相変わらず、就職で苦戦を強いられ、出産後の仕事復帰でも壁に阻まれている。ネット上では、子どもを産まないと『生産性がない』と言われ、産めば『働くな』と言われ、どうしろというんだといった声が広がっている」

世界では、上のような事で揶揄されています。

本当の意味での“女性が輝く社会”はいつくるのでしょうか?

最後のまとめとして

今回は、単純に点数の操作というだけではなく、女性の社会進出を考えさせられるとともに、男女平等の社会とは何か、という問題でもあります。以前に、土俵の上がり、女性医師が救急治療のために人命活動を行ったことがあります。その時にも、土俵から女性は降りて下さいという、アナウンスが流れました。人命よりも凝り固まった伝統を、優先したアナウンスだと否定されました。

今回の騒動にも、医療現場は男性中心と言う妄執ともいえる悪習が残っていたのではないかと思います。恐らく、他の業種にも言える事ではないでしょうか?

女性の社会進出もそうですが、少子化問題も共通の問題として言えるのは、子供がいても働ける環境の整備が、急務だと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする